十二所権現(読み)ジュウニショゴンゲン

大辞林 第三版の解説

じゅうにしょごんげん【十二所権現】

熊野三山の本宮に勧請して祀った一二の権現。熊野三所権現の他、小守の宮・児の宮・聖の宮・禅師の宮・若宮または若王子の宮・一万の宮・勧請十五所の宮・米持の宮・飛行夜叉をいう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

じゅうにしょ‐ごんげん ジフニ‥【十二所権現】

熊野三山の本宮に勧請(かんじょう)した三所権現、五所王子、四所明神の一二の権現。また、三山ともに立てた一二の権現。すなわち三所権現は、証誠殿(本地阿彌陀)・新宮(本地薬師)・那智(本地千手観音)、五所王子は、小守の宮(本地聖観音)・児の宮(本地如意輪観音)・聖の宮(本地龍樹)・禅師の宮(本地地蔵)・若王子(本地十一面観音)、四所明神は、一万の宮(本地普賢)または十万の宮(本地文殊)・勧請十五所(本地釈迦牟尼)・飛行夜叉(本地不動)・米持金剛童子(毘沙門天)。十二所。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の十二所権現の言及

【権現】より

…蔵王は密教の仏尊だが当時すでに日本の山岳信仰と習合し神祇化されていたのである。院政期,上皇はじめ公家貴族の参詣で脚光をあびた熊野は早玉宮・結宮を合して両所権現,家津御子を入れて熊野三所権現と称し,眷属神である五所王子・四所宮を合して十二所権現とも呼んだ。加賀白山では奈良朝初め泰澄により霊場が開かれ,その主神を白山妙理権現と称し,伊豆箱根では同じころ僧満願が僧形・俗形・女形の神体を感得して三所権現と称し社にまつり走湯権現ともいわれ,日光山では勝道が平安朝に滝尾権現を感得し,日吉山王でも大宮・二宮・八王子・客人・十禅師・三宮・大行事等多数の祭神に一々権現号を付し,醍醐寺の鎮守清滝明神は密教の善女竜王にほかならないが,権現の名称で親しまれていた。…

※「十二所権現」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android