コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

本宮 ほんぐう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

本宮
ほんぐう

和歌山県中南部,田辺市東部の旧町域。熊野川中流域にある。 1956年請川村,三里村,本宮村,四村の4村と敷屋村の一部が合体して町制。 2005年田辺市,龍神村,中辺路町,大塔村の4市町村と合体して田辺市となった。熊野川とその諸支流に沿い,農林業が主。米作のほかチャ (茶) の栽培や畜産も行なわれる。中心集落の本宮は熊野三山の一つ熊野本宮大社 (熊野坐神社〈くまのにますじんじゃ〉) の門前町として発達。地名も同社に由来。江戸時代も紀州藩支藩の新宮藩の領地であった熊野地方で,ここだけは紀州本藩領であった。中辺路などの熊野参詣路が集まり,宿坊跡などがある。いたるところに伝説や遺跡が残り,本宮大社例大祭など行事も多彩。湯ノ峰 (一帯に自生するユノミネシダは国の天然記念物) ,川湯温泉があり,瀞峡の景勝地も近く,吉野熊野国立公園に属する。

本宮
もとみや

福島県中部,本宮市西部の旧町域。阿武隈川流域にある。1889年町制。1954年荒井村,青田村,仁井田村の 3村と合体。2007年白沢村と合体して本宮市となった。江戸時代には奥州街道宿駅として発達。蛇ノ鼻のボタン園は有名。西部には明治初期に開拓された広大な青田原がある。1964年新産業都市に指定され,機械,被服,酒造,食品加工などの工場が進出した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ほん‐ぐう【本宮】

神霊を他に分けて祭ったもとの神社。また特に、熊野本宮大社のこと。本社。もとみや。→新宮

もと‐みや【本宮】

主神の鎮座する根本の社。本社。ほんぐう。

もとみや【本宮】[地名]

福島県中央部にある市。平成19年(2007)1月、本宮町・白沢村が合併して成立。中央部を阿武隈川が北流する。経済・生活面で南隣の郡山市との結びつきが強い。人口3.2万人(2010)。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ほんぐう【本宮】

神霊を他に分けてまつった時の、もとの神社。特に、熊野本宮(熊野三社)をさしていうことがある。本社。もとみや。 ↔ 別宮

もとみや【本宮】

祭神の鎮座する根本の社。別宮・奥宮に対していう。ほんぐう。本社。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の本宮の言及

【熊野大社】より

…和歌山県熊野地方にある本宮,新宮,那智の3ヵ所の神社の総称。本宮(熊野坐(くまのにます)神社)は現在熊野本宮大社と称し,東牟婁(ひがしむろ)郡本宮町に,新宮(熊野早玉神社)は現在熊野速玉大社と称し,新宮市に,那智は現在熊野那智大社と称し,東牟婁郡那智勝浦町に鎮座する。…

※「本宮」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

本宮の関連キーワード福島県本宮市本宮鹿ノ子田福島県本宮市本宮北川原田福島県本宮市本宮瀬樋内福島県本宮市本宮上千束福島県本宮市本宮塩田入福島県本宮市本宮小原田福島県本宮市本宮兼谷平福島県本宮市本宮地蔵堂福島県本宮市本宮近江内福島県本宮市本宮道屋敷福島県本宮市本宮小籏北福島県本宮市本宮作田台福島県本宮市本宮鉄砲町福島県本宮市本宮樋ノ口福島県本宮市本宮千代田福島県本宮市本宮太郎丸福島県本宮市本宮北ノ内福島県本宮市本宮北山神福島県本宮市本宮鍛冶免福島県本宮市本宮塩田

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

本宮の関連情報