コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

十二階 ジュウニカイ

大辞林 第三版の解説

じゅうにかい【十二階】

冠位かんい十二階 」に同じ。
もと東京浅草にあった凌雲閣りよううんかくの通称。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の十二階の言及

【浅草】より

…1917年2月に誕生した浅草オペラは,新人田谷力三,藤原義江らの出現で人気を博した。凌雲閣(1890完成)は俗に十二階といわれた展望台兼レストランで,東京一の高さを誇る建物として連日見物客でにぎわった。関東大震災のとき,その凌雲閣は8階部分から折れ,浅草の大部分は焼失したにもかかわらず,浅草寺本堂以下の堂宇が焼け残ったことから,その霊験を信ずる人々と,六区の活動写真館街にくり出す人々で,昭和前期の浅草は身動きもできない雑踏の中にあった。…

※「十二階」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

十二階の関連キーワード徳・仁・礼・信・義・智ソンツェン・ガンポ冠(こうぶり)山田 みのる船氏王後墓誌爵位[日本]犬上御田鍬隋書倭人伝冠位十二階推古時代山田 実浜本 浩小野妹子聖徳太子大伴長徳甲子革令推古天皇位階勲等高句麗巨勢人

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

十二階の関連情報