コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

十八物 ジュウハチモツ

デジタル大辞泉の解説

じゅうはち‐もつ〔ジフハチ‐〕【十八物】

大乗の僧尼が常に身辺に備えるべき18種の具。楊枝・澡豆(そうず)(豆の粉で作った洗い粉)・三衣・・鉢・坐具・錫杖香炉・漉水嚢・手巾刀子(とうす)・火燧(かすい)(火打ち石)・鑷子(にょうす)(鼻毛抜き)・縄床・経・律・仏像・菩薩像。十八種物。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

じゅうはちもつ【十八物】

〘仏〙 大乗の僧侶が常に身辺に備えておくべき18種の品物。三衣さんね・鉢・錫杖しやくじよう・仏像・菩薩像・経・律・火燧かすい(火打ち)・香炉・縄床・坐具・漉水囊・瓶・手巾・楊枝・澡豆そうず(手洗い用の豆粉)・刀子とうす・鑷子ちようす(鼻毛抜き)。 → 六物ろくもつ

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の十八物の言及

【瓶】より

…仏教では,軍持(ぐんじ)(クンディカーkuṇḍikā)と迦羅奢(カラシャkalaśa)の二つに大別する。前者はおもに飲料水などを入れるための水瓶(すいびよう)で,大乗仏教では出家者の所有すべきたいせつな持物(〈十八物(じゆうはちもつ)〉)の一つとされた。菩薩,とくに観音像の中には,この水瓶を手にした姿のものも少なくない。…

【六物】より

…これらはいずれも,その所有者が亡くなると,看病者をはじめ他の比丘たちに分け与えられるのが原則であった。後の大乗仏教になると,出家者の所持物も〈十八物(じゆうはちもつ)〉といわれるように,その数が多くなる。【岩松 浅夫】。…

※「十八物」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

十八物の関連キーワード小林まり枝和歌四式大乗仏具水瓶六物軍持

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

十八物の関連情報