コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

縄床 ジョウショウ

デジタル大辞泉の解説

じょう‐しょう〔‐シヤウ〕【縄床】

縄を張ってつくった粗末な腰掛け。主に禅僧座禅のときに用いた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じょうしょう【縄床】

尻を乗せるところや背もたれの部分を、縄を張って作った椅子。禅僧などが用いた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の縄床の言及

【いす(椅子)】より

…また台床や榻(とう)もさらにさかんに用いられ,これらの上に手すりが付けられたり,凭几(ひようぎ)などがくふうされるようになり,この時期についに地上に莚を敷く習慣は改められることになった。さらに隋代になると胡床は交椅と名が変わり,唐代には縄床と呼ばれた(縄床は胡床と直接的にはつながらないとする説もある)。同時に唐代には西方文化の影響で四脚形式のいすも採り入れられ,以後いす文化は急速に発展し,やがて宋初のころには中国人の生活様式は腰掛け式のいす座に改まり,明・清代には多種多様ないすがつくられた。…

※「縄床」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

縄床の関連キーワード十八物椅子

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android