十八種物(読み)じゅうはっしゅもつ

精選版 日本国語大辞典「十八種物」の解説

じゅうはっしゅ‐もつ ジフハッシュ‥【十八種物】

〘名〙 仏語。大乗の僧が常に身辺に備え、外出や旅行の際に持ち歩くべき一八種の用具。楊枝澡豆(手をあらう大豆・小豆の粉)、三衣、瓶、鉢、坐具、錫杖、香爐、漉水嚢(ろくすいのう)、手巾、刀子(とうず)、火燧(すい)、鑷子(にょうし)(鼻毛を抜く毛抜)、縄床、経、律、仏像、菩薩像の一八。また三衣をそれぞれ一つにかぞえ、経律と仏菩薩像を一つとする数え方もある。十八物。〔梵網経

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android