コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

十八神道 じゅうはちしんとう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

十八神道
じゅうはちしんとう

室町時代に吉田 (卜部) 兼倶 (かねとも) によって大成された吉田神道の『唯一神道名法要集』で説かれた理法の一つ。三元十八神道ともいう。天道,地道,人道の三元はいずれも神道であり,そのおのおのに六神道が加わる,とするもの。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

十八神道の関連キーワード吉田神道室町時代