理法(読み)りほう

精選版 日本国語大辞典「理法」の解説

り‐ほう ‥ハフ【理法】

〘名〙 のっとるべき道理。のり。ことわり。
※凌雲集(814)砂土印仏応製〈小野岑守〉「唯有如々理法体、坦然壌亦無成」
※島津家文書‐(年未詳)(室町後)二月二〇日・島津日新(忠良)自筆書状「只理法に任身而為候人には、をかすへき外魔もあらしと」 〔韓詩外伝‐六〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「理法」の解説

【理法】りほう(はう)

道理。自然の条理。〔夢渓筆談、芸文二〕幽州の行均、佛書中の字を集めて切訓詁を爲(つく)る。そ十六字、四卷につ。と號す。智光、之れがを爲(つく)る。甚だ詞辯り。~其の字の序を見るに、皆理法り。

字通「理」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android