理法(読み)りほう

精選版 日本国語大辞典の解説

り‐ほう ‥ハフ【理法】

〘名〙 のっとるべき道理。のり。ことわり。
※凌雲集(814)砂土印仏応製〈小野岑守〉「唯有々理法体、坦然壌亦無成」
※島津家文書‐(年未詳)(室町後)二月二〇日・島津日新(忠良)自筆書状「只理法に任身而為候人には、をかすへき外魔もあらしと」 〔韓詩外伝‐六〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

理法の関連情報