十分一(読み)ジュウブイチ

  • じゅうぶいち ジフブ‥
  • じゅうぶいち〔ジフブ〕

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① あるものを一〇にわけたうちの一つ。また転じて、少数であること。わずかであること。じゅうぶんの一。分一。
※古文真宝笑雲抄(1525)三「民より十分一の年貢を取て其を賃にして守護代官はやとはれて吏に成て居ぢゃぞ」
※浄瑠璃・新版歌祭文(お染久松)(1780)油屋「草葉の影からにっこりと笑はしまして下されと。恨みも。異見も十分一(じふぶいチ)明けて言はれぬ百千万」
※俳諧・大坂独吟集(1675)上「ふやが軒端に匂ふ梅が香 春のよの価千金十分一〈三昌〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

十分一の関連情報