コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

十字亭三九 じゅうじてい さんく

1件 の用語解説(十字亭三九の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

十字亭三九 じゅうじてい-さんく

?-? 江戸時代後期の戯作(げさく)者。
為永春水,十返舎一九にまなび,天保(てんぽう)4年(1833)2代一九を名のる。仙石騒動を題材としたことへの咎(とが)めをおそれ失踪(しっそう)。上野(こうずけ)(群馬県)出身。姓は糸井。名は武。通称は鳳助。別号に登仙笑苫人,吾妻男一丁(2代),紀山人など。人情本に「谷中の月」,合巻(ごうかん)本に「本朝武王軍談」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

十字亭三九の関連キーワード戯作者赤城山人華街桜山人鶴鳴堂主人紀尾佐丸桜鯛助立川銀馬瓢亭百成三熊野文丸和祥

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone