コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

十字亭三九 じゅうじてい さんく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

十字亭三九 じゅうじてい-さんく

?-? 江戸時代後期の戯作(げさく)者。
為永春水,十返舎一九にまなび,天保(てんぽう)4年(1833)2代一九を名のる。仙石騒動を題材としたことへの咎(とが)めをおそれ失踪(しっそう)。上野(こうずけ)(群馬県)出身。姓は糸井。名は武。通称は鳳助。別号に登仙笑苫人,吾妻男一丁(2代),紀山人など。人情本に「谷中の月」,合巻(ごうかん)本に「本朝武王軍談」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android