コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

十字架荷い じゅうじかにないCarrying of the Cross

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

十字架荷い
じゅうじかにない
Carrying of the Cross

キリスト教美術の主題。この図像の古い例には,大英博物館所蔵の 420年または 430年の象牙浮彫板がある。西方の美術ではラベンナのサンタポリナーレ・ヌオーボ聖堂のモザイク (480頃) のようにシモンが運ぶ図像もみられ,イエスが運ぶ図が頻繁に描写されるようになるのは,14世紀以後ゴシック後期の美術においてであり,悲惨な図像によって鑑賞者の感情を強く刺激しようとする。ジョットスクロベーニ礼拝堂 (アレーナ礼拝堂) 壁画の一図に,みずから十字架を運ぶイエスを描いている (1303~10頃) 。そのほか,ルーブル美術館所蔵の S.マルティーニ板絵 (40頃) ,ヘント王立美術館所蔵のボッシュの板絵 (1505頃) などが有名。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android