コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

十寸見河東(7世) ますみかとう[ななせい]

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

十寸見河東(7世)
ますみかとう[ななせい]

[生]宝暦12(1762).江戸
[没]文政8(1825).11.24. 江戸
河東節家元江戸太夫河東ともいう。6世十寸見河東門弟。通称伝蔵。2世蘭爾から3世沙洲を経て文化4 (1807) 年頃7世を継ぐ。同9 (1812) 年隠居して2世東雲となる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

十寸見河東(7世)の関連キーワード文政

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android