十文字信介(読み)じゅうもんじ しんすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

十文字信介 じゅうもんじ-しんすけ

1852-1908 明治時代の政治家,実業家。
嘉永(かえい)5年11月生まれ。十文字大元の兄。箕作麟祥(みつくり-りんしょう)に英学をまなび,津田仙の学農社農学校で「農業雑誌」の編集長をつとめる。広島,宮城両県の勧業課長,宮城郡長を歴任し,明治23年衆議院議員。のち銃砲,農具などの販売にあたり,雑誌「農事新報」を発行。明治41年8月12日死去。57歳。陸奥(むつ)涌谷(宮城県)出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例