コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

十文字信介 じゅうもんじ しんすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

十文字信介 じゅうもんじ-しんすけ

1852-1908 明治時代の政治家,実業家。
嘉永(かえい)5年11月生まれ。十文字大元の兄。箕作麟祥(みつくり-りんしょう)に英学をまなび,津田仙の学農社農学校で「農業雑誌」の編集長をつとめる。広島,宮城両県の勧業課長,宮城郡長を歴任し,明治23年衆議院議員。のち銃砲,農具などの販売にあたり,雑誌「農事新報」を発行。明治41年8月12日死去。57歳。陸奥(むつ)涌谷(宮城県)出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

十文字信介の関連キーワードシーボルトノット(速さの単位)ブンゼンペリー(Matthew Calbraith Perry)国木田独歩シーボルト西太后ユダヤ演劇監獄法国木田独歩

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android