コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

十文字大元 じゅうもんじ だいげん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

十文字大元 じゅうもんじ-だいげん

1868-1924 明治-大正時代の実業家。
明治元年生まれ。十文字信介の弟。妻は十文字こと。明治37年金門商会(現金門製作所)を創立し,わが国ではじめてガス,水道メーターを製造・販売。また中井房五郎の自彊(じきょう)術の普及につとめ,映画の活弁もこころみた。大正13年12月21日死去。57歳。陸奥(むつ)涌谷(宮城県)出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

十文字大元の関連キーワード十文字 こと十文字良子大正時代明治元年実業家

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android