コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

消火器 しょうかき fire extinguisher

翻訳|fire extinguisher

6件 の用語解説(消火器の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

消火器
しょうかき
fire extinguisher

火災の初期消火に用いる器具。化学薬品類を容器内にあらかじめ装填しておいて,危急の際に操作して反応させ,不燃,防炎性のガスや液体を噴出させるもの。呼称は,その操作の方法などによって移動式,持運び式,固定式などと分類することもあるが,一般には消火剤の種類によって区別する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しょうか‐き〔セウクワ‐〕【消火器】

初期火災の消火に用いる、小型で可搬式の器具。多くは金属製で円筒形、中に詰めた消火用薬剤を噴出させる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

消火器【しょうかき】

火災のごく初期に用いる持ち運びのできる消火用器具。使用する薬剤,機構によって各種のものがあるが,いずれも消火剤のもつ冷却効果,窒息効果(空気の遮断(しゃだん))を利用して消火する。
→関連項目消火設備

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

しょうかき【消火器 fire extinguisher】

水あるいは消火剤を放射して初期の火災を消すのに用いる器具。いくつかの種類があり,適応できる火災の種類(A:紙,木などの可燃物の普通火災,B:油,ガソリンなどの油火災,C:変圧器,配電盤などの電気火災)がそれぞれ決まっていて,その適応性を誤って使用すると逆効果を招くおそれがあるので,消防法でもその適応性を規定している。消火器の選定に当たっては以上の適応特性を考慮したうえで,とっさの場合に使用することから取扱方法すなわち操作の簡便なものが望ましく,また目的や環境に適した保守管理のしやすいものが望まれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

しょうかき【消火器】

初期の火災を消すために用いる小型可搬式の器具。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

消火器
しょうかき

火災におけるごく初期の段階において、消火剤のもつ冷却、窒息または抑制などの効果を利用して消火する持ち運びのできる器具のこと。使用する薬剤、あるいはその機構によって種類はいろいろあり、消火の対象物に応じて、消火器を選ばなければならない。現在使用されている消火器の種類には次のようなものがある。消火器と火源となっている可燃物の種類との適合性を表すものとして、白・黄・青の円形標識が用いられている。[岸谷孝一]

水消火器

水消化器は、水を放出する方式として手動ポンプ式、ガス加圧式、蓄圧式があり、木材、繊維、紙類などの普通火災に適しているが、油、電気、化学薬品火災には不適当である。なお、手動ポンプ式の消火器は、上部のハンドルを10回近く上下させ、内圧を上昇させてからノズルを開いて火面に放射させる。円形標識は白。[岸谷孝一]

酸アルカリ消火器

酸アルカリ消火器は、硫酸と炭酸水素ナトリウムの化合で発生する二酸化炭素の圧力によって消火薬剤を放出するもので、水の冷却効果と同時に出る二酸化炭素によって窒息効果もある。普通火災用であるが、筒先を切り替えて霧状に放射すれば電気火災にも使える。円形標識は白・青。[岸谷孝一]

強化液消火器

強化液消火器は、炭酸カリウムの濃厚な水溶液を消火剤として用いるもので、蓄圧式と加圧式(反応式、ガス加圧式)がある。このうち反応式は、濃硫酸の入ったガラス瓶を砕いて硫酸と強化液とを化学反応させ、発生する二酸化炭素の圧力によって強化液を放出させる。適応は普通火災用であるが、筒先を切り替えて霧状に放射すれば、油・電気火災にも使える。円形標識は青・黄・白。[岸谷孝一]

泡消火器

泡消火器は、2種の薬剤の化合によって泡を発生させ、空気の供給を遮断する。普通火災にも使えるが、とくにガソリンなどの燃えやすい油、化学薬品火災に適当である。電気火災には不適当。円形標識は白・黄。[岸谷孝一]

二酸化炭素消火器

二酸化炭素消火器は、二酸化炭素を高圧で圧縮して液化させ、放射口からガス状で放射させる。1キログラムの液化二酸化炭素は、普通15℃で534リットルのガス体に膨張するので、火災部の空気を追い出して、窒息消火させる。室内での消火効果は大きいが、使用者が窒息しないように注意する必要がある。消火後の水ぬれや汚損がまったくないのが長所。油・電気火災に適当である。円形標識は黄・青。[岸谷孝一]

ハロゲン化物消火器

ハロゲン化物消火器は、使用される消火薬剤は、ハロン1011、ハロン2402、ハロン1301の3種類である。放射された薬剤は窒息および抑制作用を有し、油・電気火災に適している。円形標識は黄・青。[岸谷孝一]

粉末消火器

粉末消火器は、消火薬剤の成分により次の4種類に大別される。
(1)粉末(ABC)消火器 リン酸アンモニウムを主成分とし、乾燥させた微粉末をシリコン樹脂などにより防湿処理したもので、淡赤色に着色されている。放射された薬剤は、燃焼面を被覆して窒息、抑制作用により消火させる。普通火災(A)、油火災(B)・電気火災(C)に適する。円形標識は白・黄・青。
(2)粉末(Na)消火器 炭酸水素ナトリウムを主成分とした微粉末で、窒息、抑制作用で消火させる。粉末(ABC)と同様の防湿処理が施してある。普通火災には適応はなく、油・電気火災に適する。円形標識は黄・青。
(3)粉末(K)消火器 炭酸カリウムを主成分とした微粉末で、防湿処理は(1)(2)と同様である。消火作用および適応は(2)と同じである。
(4)粉末(KU)消火器 炭酸水素カリウムと尿素(Urea)の反応物を主成分とするのでKUとよぶ。油、電気火災に適用し、粉末はねずみ色である。円形標識は黄・青。[岸谷孝一]

消火器に関する一般的注意事項

設置場所は、目につきやすく容易に使える場所で、通行のじゃまにならない所で、振動が少なく、湿度・温度とも高くない場所がよい。また、消火器は永久に使えるものではないので、半年に一度ぐらいは検査して、不足した圧力を補充したり、薬剤を取り替えたり、ホースの破損などに注意する必要がある。なお消火器は、総務省(旧自治省)消防庁の規格に合格したものには日本消防検定協会が検定マークをつけることになっているので、それらのマークのついているものを備え付けることが必要である。[岸谷孝一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の消火器の言及

【消火設備】より

…消防法により建物種類別,構造別,建物の大きさ別(延べ面積別),収容人数別にその設置が義務付けられている。 手動消火設備としては,消火器および簡易消火用具(水バケツ,乾燥砂など)のように,火災のごく初期において人の手で操作して消火作業を行う初期消火器具と,初期消火器具で消し止められる段階を越えて燃え広がったとき,消防隊が到着するまでの自衛消防を目的とした消火栓設備がある。後者は水源の貯水槽,加圧送水装置(ポンプ),送水配管,放水部にあたるホースノズルを格納する消火栓箱などよりなっており,消火栓の設置間隔,水源の貯水量,ノズルよりの放水量,圧力は法で規定されている。…

※「消火器」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

消火器の関連キーワード消火火消消防ポンプ火伏せ気泡消火器初期消火月掛の火災保険消火設備住宅用自動消火装置泡沫消火剤

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

消火器の関連情報