コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自彊術 じきょうじゅつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

自彊術
じきょうじゅつ

大正時代初期,治療師中井房五郎が創始した健康体操で,第2次大戦前の一時期には,その実践者数が 100万人にも達するほどの盛況ぶりを示した。その後,久家恒衛,近藤芳朗らに受け継がれ現代に至り,今でも真向法とともに根強い人気がある。その名前は,中国の古典『易経』に由来しており,道家導引術を基本にし,近代の体操を取り入れ,31種類の動きから構成されている。その動きはすべて反動を利用していること,また呼吸運動のほかはすべてに発声を要することなどが特徴である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

じきょう‐じゅつ〔ジキヤウ‐〕【自×彊術】

東洋的な健康増進法の一。中国道家(どうか)の導引に現代の体操を加味したもので、気力と体力を養成する術。大正5年(1916)中井房五郎の創案

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じきょうじゅつ【自彊術】

身体強壮法の一。道家の導引と近代の体操を組み合わせ、気力と体力の増進をはかるもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

自彊術の関連キーワード十文字 こと十文字 大元増進

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android