コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

十死 ジッシ

デジタル大辞泉の解説

じっ‐し【十死】

生きる見込みなく、きわめて危険なこと。死を免れない状態。「十死に一生を得る」
「この五六日しきりになやみ候ひて、既に―の体に相見え候」〈芭蕉書簡・元禄六年許六宛〉
十死日(じっしび)」の略。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

じっし【十死】

生きのびる見込みがきわめて少ないこと。きわめて危険なこと。 「此五六日しきりになやみ候ひて、既に-の体に相見え候/芭蕉書簡」
「十死一生の日」の略。 「 -も過ぎて/浄瑠璃・大経師

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

十死の関連キーワード十死一生の日十死一生見込み浄瑠璃十死日

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

十死の関連情報