(読み)シー

デジタル大辞泉の解説

シー【十】

《〈中国語〉》の10。

じゅう〔ジフ〕【十/拾】

数の名。9の次の数。とお。と。そ。
十番目。第十。
[補説]「拾」は、金銭に関する文書などで間違いを防ぐため、「十」の代わりに特に用いる。

じゅう【十】[漢字項目]

[音]ジュウ(ジフ)(呉) ジッ(慣) [訓]とお と そ
学習漢字]1年
〈ジュウ〉
数の名。とお。「十両十二支/数十・五十音
十番目。「十月
とたび。「十念
全部そろっている。「十全十分
〈ジッ〉とお。とたび。「十回・十干十指十中八九
[補説]「ジッ」は「ジュウ(ジフ)」の入声(にっしょう)音pの変化したもの。平成22年(2010)に見直しが行われた常用漢字本表では、備考欄で「ジュッ」の読みも認められている。
〈とお〉「十日(とおか)
〈と〉「十重二十重(とえはたえ)十月十日(とつきとおか)十人十色(じゅうにんといろ)
[名のり]かず・しげ・ただ・とみ・ひさし・みつ・みつる
[難読]十六夜(いざよい)十八番(おはこ)十姉妹(じゅうしまつ)十露盤(そろばん)九十九(つくも)二十(はたち)二十歳(はたち)二十日(はつか)三十日(みそか)

そ【十】

[語素]他の語と複合して、十(とお・じゅう)の意を表す。「三一(みそひと)文字」「八(や)じ」

つづ【十】

《二十歳のことを言うのに「つづ(十)やはたち(二十)」と用いられたところから誤って》19歳。
「いくら利口のようでも、やっぱり―や二十歳(はたち)の処女(むすめ)でございますよ」〈紅葉・二人女房〉
とお。じゅう。〈日葡
《弓の勝負は一度に二矢ずつ五度で決するところから》射た矢がすべて的に当たること。
「矢所(やつぼ)一寸ものかず、五度の―をし給ひければ」〈太平記・一二〉

と【十】

数の、とお。じゅう。多く、名詞の上に付けて用いる。「月(つき)十日(とおか)」「十人色(いろ)」

とお〔とを〕【十】

数の名。九つの次の自然数。じゅう。
10歳。

じっ【十】[漢字項目]

じゅう

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

そ【十】

〘語素〙 とお。じゅう。「みそ(じ)」「よそ(じ)」「いそ(じ)」「むそ(じ)」「みそひともじ(三十一文字)」「そしろ(十代)」など。

と【十】

〘名〙 (「とお」の変化した語)
① 数のとお。じゅう。名詞・助動詞の前に直接つけて用いる。「十重二十重(とえはたえ)」「十人十色」「十年(ととせ)
※催馬楽(7C後‐8C)桜人「桜人 その舟止め 島つ田を 止万知(トまち)つくれる」
② 物の数を、声に出して順に唱えながら数えるときの一〇。
※名語記(1275)四「一二三四五六七八九十をひふとて、手に石ふたつをもちてかはりかはりたまにとるに、ひふみよいむなやことといへるは」

とお とを【十】

〘名〙
① 数の一〇。また、年齢の一〇歳。→と(十)
※催馬楽(7C後‐8C)挿櫛「挿櫛(さしぐし)は 多宇(タウ)まり七つ ありしかど」
※源氏(1001‐14頃)紅葉賀「とおにあまりぬる人はひひなあそびはいみ侍ものを」
② 物の数を、声に出して順に唱えながら数えるときの一〇。と。
※伊勢物語(10C前)一六「手を折りてあひ見し事をかぞふればとおといひつつ四つは経にけり」
[補注]名詞・助数詞に直接つくときは「と」となるのが普通だが、「とお」の形がついた例として平安時代に「とおつら(十列)」がある。

とおらい とをらい【十】

〘名〙 江戸時代、拳(けん)で、数の十(とお)をいう。
※歌謡・松の落葉(1710)五・かんふうらん替り「おなじこと梅の花、とうらいきうご五うりうすう」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

薬剤耐性菌

薬剤、特に抗生物質などに対する抵抗性を獲得した細菌。MRSA(メチシリン耐性黄色ぶどう球菌)・PRSP(ペニシリン耐性肺炎球菌)など。耐性菌。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android