コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

十段戦 じゅうだんせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

十段戦
じゅうだんせん

(1) 1962年に創設された産経新聞社主催の囲碁タイトル戦。十段段位ではなくタイトルで,7段,8段の棋士が十段になりうるし,タイトルを失えばまたもとの段位に戻る。挑戦者選出方法は「2敗者失格戦」を基調としている。挑戦手合いは5番勝負。

(2) 読売新聞社主催の将棋タイトル戦の1つ。トーナメント式予選を勝ち抜いた2名とシードの4名によるリーグ戦で挑戦者を決め,前年度の覇者とタイトルを競う。 88年,竜王戦の開催に伴い廃止された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

じゅうだん‐せん〔ジフダン‐〕【十段戦】

囲碁の七大タイトル戦の一。昭和36年(1961)創設。タイトル保持者とトーナメント戦優勝者が五番勝負で対戦し、勝者が十段のタイトルを手にする。連続10期以上タイトルを獲得した棋士は現役で、連続5期または通算10期獲得した棋士は現役で60歳以上に達したときまたは引退時に、名誉十段を名乗ることができる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

十段戦の関連キーワード加藤一二三武宮正樹井山裕太依田紀基リーグ戦シード将棋竜王

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

十段戦の関連情報