与太郎(読み)よたろう

精選版 日本国語大辞典の解説

よたろう ヨタラウ【与太郎】

〘名〙 (「よたろ」とも)
① 知恵の足りない者、愚か者を擬人化していった語。馬鹿。うすのろ。よた。
※評判記・吉原すずめ(1667)上「一手さきも見えぬ、うはきがぢなる与太郎は」
② うそ。でたらめ。また、でたらめをいう人。うそつき。人形浄瑠璃社会でいった語。
※歌舞伎・傾城倭荘子(1784)大序「舅太夫様にその雑言は、エエ、さては与太郎(ヨタラウ)だと思ふのか。嘘ぢゃない、誓文くっされ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

よたろう〔ヨタラウ〕【与太郎】

《落語で間抜けな人の名に用いるところから》役に立たない愚か者。
うそ。でたらめ。また、でたらめを言う人。
「お前―ぢゃあねえか」〈・辰巳婦言〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android