千代の春(読み)チヨノハル

精選版 日本国語大辞典の解説

ちよ【千代】 の 春(はる)

① 千年もの後の春。
※源氏(1001‐14頃)幻「千代の春みるべき花といのりおきて我が身ぞ雪とともにふりぬる」
② 千年までもと末長いことを祝う初春。《季・新年》
※俳諧・小町踊(1665)春「としの緒やいく七まはり千世の春〈一入〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる