一入(読み)ヒトシオ

  • ひとしお ‥しほ
  • ひとしお〔しほ〕
  • 一▽入
  • 一入 いちにゅう

デジタル大辞泉の解説

2が原義》
ほかの場合より程度が一段と増すこと。多く副詞的に用いる。いっそう。ひときわ。「苦戦の末の優勝だけに喜びも一入だ」「懐しさが一入つのる」
染め物を染め汁の中に1回つけること。
「―再入(ふたしほ)の紅よりもなほ深し」〈太平記・三六〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (「しお」は接尾語)
① 染物を染汁に一回入れて浸すこと。
※宇津保(970‐999頃)菊の宴「ひとしほも染むべき物かむらさきの雲よりふれるをとめなりとも」
② (副詞的にも用いる) ひときわ。いっそう。
※古今(905‐914)春上・二四「ときはなる松のみどりも春くれば今ひとしほの色まさりけり〈源宗于〉」
※そめちがへ(1897)〈森鴎外〉「暑も一入(ヒトシホ)なり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

一入の関連情報