コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

千代大海龍二 ちよたいかい りゅうじ

1件 の用語解説(千代大海龍二の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

千代大海龍二 ちよたいかい-りゅうじ

1976- 平成時代の力士。
昭和51年4月29日生まれ。中学時代は悪童だったことで有名。九重部屋にはいり,新土俵は平成4年11月。7年7月新十両。9年9月新入幕。得意技は突き押し。11年1月場所で幕内初優勝し,大関昇進。大関在位65場所を数えたが,21年11月,2場所連続負け越しで大関から陥落した。翌場所22年1月,場所途中で引退し,年寄佐ノ山を襲名。幕内通算成績597勝402敗。大関在位65場所。幕内優勝3回。殊勲賞1回,敢闘賞1回,技能賞3回。大分県出身。本名は須藤龍二(旧姓は広島)。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

千代大海龍二の関連キーワード千代の富士貢控力士北勝海信芳大塩正義築島裕岩木山竜太稀勢の里寛琴光喜啓司栃東大裕あんま

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone