コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

千代大海龍二 ちよたいかい りゅうじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

千代大海龍二 ちよたいかい-りゅうじ

1976- 平成時代の力士。
昭和51年4月29日生まれ。中学時代は悪童だったことで有名。九重部屋にはいり,新土俵は平成4年11月。7年7月新十両。9年9月新入幕。得意技は突き押し。11年1月場所で幕内初優勝し,大関昇進。大関在位65場所を数えたが,21年11月,2場所連続負け越しで大関から陥落した。翌場所22年1月,場所途中で引退し,年寄佐ノ山を襲名。幕内通算成績597勝402敗。大関在位65場所。幕内優勝3回。殊勲賞1回,敢闘賞1回,技能賞3回。大分県出身。本名は須藤龍二(旧姓は広島)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

千代大海龍二の関連キーワード[各個指定]工芸技術部門ドナルド ヘンダーソン安野光雅アンリ鎌田慧ゴダール(Jean-Luc Godard)佐佐木幸綱ファスビンダーブルガリア文学ペブスナー(Nikolaus Bernhard Leon Pevsner)

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

千代大海龍二の関連情報