コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

千代有員 ちよの ありかず

美術人名辞典の解説

千代有員

初号春鴬舎・後浅綉庵。通称中島峻洞。小諏訪にて眼科医を開く。壷側判者。嘉永3年(1850)歿。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

千代有員 ちよの-ありかず

?-1850 江戸時代後期の狂歌師。
壺側の判者。駿河(するが)(静岡県)で眼科医を開業していた。嘉永(かえい)3年9月10日死去。三河(愛知県)出身。本名は中島峻洞。号は春鶯舎,浅綉庵。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

千代有員の関連キーワード狂歌師

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android