コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

千吟 せん ぎん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

千吟 せん-ぎん

?-? 織豊時代の女性。
千利休の娘。堺の茶人万代屋宗安(もずや-そうあん)の妻。豊臣秀吉から側室にもとめられ,父とともに拒否したことが天正(てんしょう)19年(1591)父の切腹遠因といわれる。しかし,秀吉との逸話のあった利休の娘は,石橋良叱(りょうしつ)の妻とも千紹二(しょうじ)の妻ともいわれ,不明な点がおおい。幼名は阿三。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

千吟の関連キーワード織豊時代千利休

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android