コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

千宗室(8代) せん そうしつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

千宗室(8代) せん-そうしつ

1719-1771 江戸時代中期の茶人。
享保(きょうほう)4年生まれ。表千家6代千宗左の3男。兄の7代宗室の急死によって裏千家8代家元をつぐ。長兄の表千家7代宗左と茶事の「七事式(しちじしき)」を制定した。明和8年2月2日死去。53歳。号は一灯,又玄斎(ゆうげんさい),勿々軒(ぶつぶつけん)。著作に「又玄夜話」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

千宗室(8代)の関連キーワード新聞ウィーン磁器漂流町奉行チェコの要覧井口蘭雪宮瀬竜門田中由真裏千家お蔭参り

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android