コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウィーン磁器 ウィーンじきVienna porcelain

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウィーン磁器
ウィーンじき
Vienna porcelain

1719~1864年にウィーンの磁器工場で製作された磁器。ドイツのマイセン磁器に次いでヨーロッパでは古い伝統をもつ。オランダ人のデュ・パキエがマイセン窯から引抜いた2人の職人の助けをかりて,磁器の製作に成功したことに始る。現存する最古のものに「1719年5月3日」の日付がみられる。 44年,工房はオーストリア政府に買収されて王立磁器工場となった。初めマイセン風の磁器から出発し,その後黒一色で写実的な動物文や風景文を絵付けしたシュワルツロットと呼ぶ新様式を生み出したほか,ロココ様式ならびに古典様式のすぐれた磁器を製造,ウィーン磁器の名を高めた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ウィーンじき【ウィーン磁器 Vienna porcelain】

オーストリアの最も著名な磁器。1719‐1864年,ドイツのドレスデンに次ぐヨーロッパで第2番目に硬質磁器を焼成したオーストリアの名窯。ウィーンの実力者デュ・パキエC.I.du Paquierが,1709年ヨーロッパで最初に真性磁器の焼成に成功したマイセン王立磁器製作所の絵師フンガーKonrad HungerとシュテルツェルSamuel Stölzelを引き抜き,19年ウィーンに工房を開設したのがはじまり。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ウィーン磁器の関連キーワードベットガー

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android