コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウィーン磁器 ウィーンじきVienna porcelain

2件 の用語解説(ウィーン磁器の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウィーン磁器
ウィーンじき
Vienna porcelain

1719~1864年にウィーンの磁器工場で製作された磁器。ドイツマイセン磁器に次いでヨーロッパでは古い伝統をもつ。オランダ人のデュ・パキエがマイセン窯から引抜いた2人の職人の助けをかりて,磁器の製作に成功したことに始る。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ウィーンじき【ウィーン磁器 Vienna porcelain】

オーストリアの最も著名な磁器。1719‐1864年,ドイツのドレスデンに次ぐヨーロッパで第2番目に硬質磁器を焼成したオーストリアの名窯。ウィーンの実力者デュ・パキエC.I.du Paquierが,1709年ヨーロッパで最初に真性磁器の焼成に成功したマイセン王立磁器製作所の絵師フンガーKonrad HungerとシュテルツェルSamuel Stölzelを引き抜き,19年ウィーンに工房を開設したのがはじまり。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

ウィーン磁器の関連キーワード元治漂流町奉行チェコの要覧住友吉左衛門ペドロ[2世]ロダン池田屋惣兵衛入江九一扇格左衛門

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone