コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

千島弧 ちしまこ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

千島弧
ちしまこ

千島列島から北海道中央部にかけて延びる地形構造上の島弧日本列島をつくる6島弧の一つで,北海道中央部において南北方向の樺太弧と会合する。島弧はオホーツク海を縁海として太平洋から切り離し,南側海底に千島カムチャツカ海溝が延びる。千島火山帯が平行しており,北海道では屈斜路,十勝の両火山群が噴出。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

千島弧の関連キーワードグリーンタフ地域カムチャツカ半島日本(にほん)環太平洋火山帯日高造山運動千島列島

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android