千慮の一得(読み)せんりょのいっとく

精選版 日本国語大辞典「千慮の一得」の解説

せんりょ【千慮】 の 一得(いっとく)

愚者でも、多くの考えの中には、一度ぐらいはよい考えもあるということ。愚者にも一得
※源平盛衰記(14C前)一一「愚者千慮一徳(トク)有りと申事も侍ば」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ことわざを知る辞典「千慮の一得」の解説

千慮の一得

愚者でも、多くの考えの中には、一つぐらいはよい考えもある。

[解説] 「千慮一失」に対していうことば

出典 ことわざを知る辞典ことわざを知る辞典について 情報

今日のキーワード

ダブルスタンダード

〘名〙 (double standard) 仲間内と部外者、国内向けと外国向けなどのように、対象によって異なった価値判断の基準を使い分けること。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android