コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

千村鵞湖 ちむら がこ

美術人名辞典の解説

千村鵞湖

江戸後期の古注学者・詩人。尾張生。名は諸成、字は伯就、別号笠沢・白適園等。石島筑波・松本君山等に詩を学び、又画を月僊に学ぶ。陶器を作り、白寿焼という。寛政2年(1790)歿、64才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

千村鵞湖 ちむら-がこ

1727-1790 江戸時代中期の武士,儒者。
享保(きょうほう)12年生まれ。千村夢沢(ぼうたく)の長男。尾張(おわり)名古屋藩士。元文元年家督をつぎ,馬廻となる。のち徳川宗勝(むねかつ)の小姓,先手物頭をつとめた。また陶器を製作,白寿焼とよばれた。寛政2年6月30日死去。64歳。名は諸成。字(あざな)は伯就。通称は総吉,孫太夫。別号に白寿,自適園など。著作に「自適園文集」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

千村鵞湖の関連キーワード千村白寿竹腰左織儒者享保

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android