コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

千村鵞湖 ちむら がこ

2件 の用語解説(千村鵞湖の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

千村鵞湖

江戸後期の古注学者・詩人。尾張生。名は諸成、字は伯就、別号に笠沢・白適園等。石島筑波・松本君山等に詩を学び、又画を月僊に学ぶ。陶器を作り、白寿焼という。寛政2年(1790)歿、64才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

千村鵞湖 ちむら-がこ

1727-1790 江戸時代中期の武士,儒者。
享保(きょうほう)12年生まれ。千村夢沢(ぼうたく)の長男。尾張(おわり)名古屋藩士。元文元年家督をつぎ,馬廻となる。のち徳川宗勝(むねかつ)の小姓,先手物頭をつとめた。また陶器を製作,白寿焼とよばれた。寛政2年6月30日死去。64歳。名は諸成。字(あざな)は伯就。通称は総吉,孫太夫。別号に白寿,自適園など。著作に「自適園文集」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

千村鵞湖の関連キーワード佐久間東川赤井忠皛植村棋園佐藤秀周佐野政親滝信彦土岐頼香古川図書松原素元武士八十氏

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone