コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

千歯こき せんばこき

1件 の用語解説(千歯こきの意味・用語解説を検索)

防府市歴史用語集の解説

千歯こき

 江戸時代中期以降に広まった脱穀[だっこく]器のひとつです。竹の歯を10本ぐらいくしの歯のように並べたもので、後には歯数も増し、鉄製になりました。歯の部分に稲穂をかけて引き、籾[もみ]をはずします。

出典|ほうふWeb歴史館
Copyright 2002,Hofu Virtual Site Museum,Japan
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

千歯こきの関連キーワード神前結婚脱穀機百姓代江戸言葉佐渡おけさ脱穀風呂敷頭巾貸本屋名古屋行灯なは・る

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

千歯こきの関連情報