千歯こき(読み)せんばこき

防府市歴史用語集の解説

千歯こき

 江戸時代中期以降に広まった脱穀[だっこく]器のひとつです。を10本ぐらいくしの歯のように並べたもので、後には歯数も増し、鉄製になりました。歯の部分に稲穂をかけて引き、[もみ]をはずします。

出典 ほうふWeb歴史館防府市歴史用語集について 情報

旺文社日本史事典 三訂版の解説

千歯こき
せんばこき

江戸中期以降普及した脱穀具
従来の扱箸 (こきばし) に代わり,竹の歯を10本ぐらいの歯のように並べたもので,のちには歯数も増し,歯も鉄製になった。稲こきが寡婦の雇われ仕事であったのが,千歯こきの出現以後不要となったので「後家倒し」の異名をもった。

出典 旺文社日本史事典 三訂版旺文社日本史事典 三訂版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

薬剤耐性菌

薬剤、特に抗生物質などに対する抵抗性を獲得した細菌。MRSA(メチシリン耐性黄色ぶどう球菌)・PRSP(ペニシリン耐性肺炎球菌)など。耐性菌。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android