千登三子(読み)せん とみこ

  • 千登三子 せん-とみこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

1930-1999 昭和後期-平成時代の茶道家。
昭和5年7月27日生まれ。昭和30年裏千家15代家元千宗室と結婚。国際茶道文化協会会長,裏千家学園長をつとめる。著作に日本の伝統文化や礼儀などを茶道からとらえた「冠婚葬祭」「生活ごよみ」などがある。ソロプチミスト日本財団理事長,日仏文化協会理事。平成11年3月9日死去。68歳。東京出身。双葉高女卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

マラドーナ

[生]1960.10.30. ブエノスアイレスアルゼンチンのサッカー選手。アルゼンチンリーグ 1部に史上最年少の 15歳でデビュー。代表チームにも 16歳4ヵ月の最年少デビューを果たした。1979年,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android