千石通・千石簁(読み)せんごくどおし

精選版 日本国語大辞典の解説

せんごく‐どおし ‥どほし【千石通・千石簁】

〘名〙 農具、簁(ふるい)の一種。傾斜した細長い簁の上から舂米(つきごめ)を流して、米と糠(ぬか)をふるい分けたり、殻粒の選別に用いたりする。江戸中期から使用された。万石通(まんごくどおし)。千石。千石ぶるい。
浮世草子・好色五人女(1686)五「多門天の枕鑓、大黒殿の千石どをし、ゑびす殿の小遣帳覚へがたし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android