コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

半井明親 なからい あきちか

2件 の用語解説(半井明親の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

半井明親 なからい-あきちか

?-1547 戦国時代の医師。
半井利長(としなが)の子。永正(えいしょう)のころ明(みん)(中国)にわたり,武宗(ぶそう)の病をなおし,銅硯(すずり)と驢馬(ろば)2頭をあたえられた。帰国後,朝廷に驢馬1頭を献上,驢庵の号をおくられた。宮内大輔(たいふ)。天文(てんぶん)16年4月7日死去。名はのち貞長。号は蘭軒,春蘭軒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

半井明親

没年:天文16.4.7(1547.4.26)
生年:生年不詳
室町後期の医者。典薬頭利長の嗣子。幼名は与十郎,名は明親,のち後柏原天皇より紫纓(冠のひも)を賜り貞長と改めた。通称は驢庵(初代),号は蘭軒のち春蘭軒。宮内大輔に任ぜられ,永正年間(1504~21)明に渡り武宗帝の病を治し銅硯1面,驢馬2頭を賜る。また親交のあった熊宗立から神農像,銅人形を贈られ,帰国後驢馬1頭を天皇に献上。常に驢馬に乗って明の官服で参内を許されたことから驢庵の称を賜った。子孫も驢庵の称を襲した。室町幕府8代将軍足利義政の執奏により天皇から金地裏菊御紋付の中啓扇子を拝領,口宣あってこれを家紋とした。京都で没し,大徳寺真珠庵に葬られた。<参考文献>石野瑛「大医和気・半井家系の研究」(『中外医事新報』1247号)

(宗田一)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

半井明親の関連キーワード庭田重親白川忠富梶井宮応胤法親王烏丸冬光典薬頭尚薬手医者典薬阿保常世半井利長

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone