コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

半自動小銃 はんじどうしょうじゅうsemi-automatic rifle

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

半自動小銃
はんじどうしょうじゅう
semi-automatic rifle

装填のみ自動的で,発射はそのつど引き金を引く方式の小銃。歩兵の個人用兵器。半自動小銃は 1900年前後から研究され,アメリカが 36年ガランド銃 (制式名称は M1型) を採用したのが最初で,第2次世界大戦,朝鮮戦争で使用された。 (→M1ライフル ) 。その他の半自動小銃としては,ゲベール 43銃 (ドイツ) ,トカレフ銃 (旧ソ連) などがある。 (→自動小銃 )  

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

半自動小銃の関連情報