コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

半面識 ハンメンシキ

デジタル大辞泉の解説

はんめん‐しき【半面識】

《後漢の応奉は、知人宅でちらりと顔の半分を見ただけの人のことを数十年後も覚えていて、路上でばったり出会ったときに、声をかけたという、「後漢書」応奉伝の注に見える故事から》
ちょっと見ただけで、その人の顔を長く覚えていること。
ほんの少し知っている程度の間柄

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

はんめんしき【半面識】

〔後漢の応奉が、扉の間から顔を半分見た人を数十年後まで覚えていたという「後漢書応奉伝」の故事から〕
ちょっと会っただけの人をよく覚えていること。また、ちょっと会った程度の浅い間柄。一面識。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

半面識の関連キーワード一面識

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android