コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

協働体系 きょうどうたいけいcooperative system

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

協働体系
きょうどうたいけい
cooperative system

組織の成立,構造,動態を説明するために C.バーナードが用いた概念。彼は少くとも1つの明確な目的をもち,物的・生物的・個人的・社会的構成要素が体系的に結びついた複合体と定義している。個人が目的の達成を阻害する制約を克服するために協働するとき協働体系は生成する。協働体系のなかで物的・個人的・社会的構成要素を除き,抽象化した中核的な部分が組織であり,この組織が協働体系を動態的に維持,適応させていく。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

協働体系の関連キーワード社会システム学派管理

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android