コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南カルパート山脈 みなみカルパートさんみゃくCarpatii Meridionali

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

南カルパート山脈
みなみカルパートさんみゃく
Carpatii Meridionali

英語ではトランシルバニアアルプス Transylvanian Alps。カルパート山脈の一部をなす山脈で,ルーマニア中部を東西に走り,東のプラホバ渓谷から西のティミシュチェルナ渓谷まで全長約 250km。ファガラシュ,プチェジなど4つの山塊から成り,最高峰はファガラシュ山塊のモルドベヤヌ山 (2543m) 。白亜紀の大きな地殻変動によって生じた山岳地帯。石炭,鉄鉱石,雲母などが産出され,北麓のフネドアラには大製鉄工場がある。山脈中に水源をもつプラホバ,アルジェシュ,ジウの諸川やトランシルバニアから山脈を横断するオルト川はいずれも南流し,ドナウ川に注ぐ。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

南カルパート山脈の関連キーワードクルテアデアルジェシュクルージナポカ東ヨーロッパブラショブピテシュチシナイアバナートクラヨバジウ川シビウ鉄門

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android