コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南条文雄 なんじょう ぶんゆう

7件 の用語解説(南条文雄の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

南条文雄

真宗大谷派の学僧・梵語学者。岐阜県生。幼名は恪丸・恪順、号は松坡・碩果。渡英してマクス=ミュラーに師事。仏教原典研究に先駆的業績を残し、梵学の基礎を開く。大谷大学学長。昭和2年(1927)寂、79才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

なんじょう‐ぶんゆう〔ナンデウ‐〕【南条文雄】

[1849~1927]仏教学者。岐阜の生まれ。号、碩果。英国に留学し、マックス=ミュラーに師事し梵文学を研究。のち大谷大学学長を務め、仏典研究に貢献。著「大明三蔵聖教目録」「梵本般若心経」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

南条文雄 なんじょう-ぶんゆう

1849-1927 明治-大正時代の僧,仏教学者。
嘉永(かえい)2年5月12日生まれ。南条神興の養子。明治9年東本願寺からイギリスに留学して梵語(ぼんご)を研究,「大明三蔵聖教目録」(英文)を発表,注目をあびる。真宗大学監,大谷大学長をつとめ,日本での梵語原典による経典研究の道をひらいた。学士院会員。昭和2年11月9日死去。79歳。美濃(みの)(岐阜県)出身。旧姓は渓。号は碩果。
【格言など】妄言いうな。恩を忘れるな,陰日向なく働け

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

なんじょうぶんゆう【南条文雄】

1849‐1927(嘉永2‐昭和2)
明治仏教学界の先達とされる真宗大谷派の学僧。岐阜県出身。1868年大谷派高倉学寮卒。76年よりイギリスオックスフォード大学に留学,84年帰国。85年東京帝国大学梵語(サンスクリット)学講師,1914年大谷大学学長となる。留学中はF.M.ミュラー門下としてマクドーネルより梵語を修め,梵文仏典を研究。1883年《梵文大無量寿経阿弥陀経》をミュラーと共同校訂,出版。原典の共同校訂に当たる間,梵文仏典校訂における漢訳本の重要性を西欧学界に知らせたことは大きな功績とされる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

なんじょうぶんゆう【南条文雄】

1849~1927) 仏教学者。真宗大谷派の僧。美濃生まれ。ミュラーに学ぶ。東大講師・大谷大学学長などを歴任。梵文仏典の校訂のほか、著「大明三蔵聖教目録(南条目録)」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

南条文雄
なんじょうぶんゆう

[生]嘉永2(1849).5.12. 大垣
[没]1927.11.9.
浄土真宗大谷派の学僧。京都の高倉学寮に学び,1876年ロンドンに行き,84年までオックスフォード大学の M.ミュラーのもとで研究し,梵文『阿弥陀経』『無量寿経』,英訳『大明三蔵聖教目録』 (『南条目録』,1883) ,梵文『法華経』 (1908~12) などを刊行した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

南条文雄
なんじょうぶんゆう
(1849―1927)

真宗大谷(おおたに)派の僧侶(そうりょ)。サンスクリット語による仏典研究に力を尽くす。岐阜県大垣(おおがき)の誓運寺(せいうんじ)に生まれ、1871年(明治4)福井県南条郡の憶念寺(おくねんじ)南条神興(じんこう)(1841―87)の養子となる。1868年、大谷派の高倉(たかくら)学寮に入学。76年にはイギリスに留学し、マックス・ミュラーに師事してサンスクリット語学を学び、84年に帰国。東京大学講師、真宗大学(大谷大学の前身)教授などを歴任し、1914年(大正3)から23年まで大谷大学の第2代学長を務めた。多くの研究業績があるが、留学中にオックスフォードで刊行した『大明三蔵聖教(たいみんさんぞうしょうぎょう)目録』A Catalogue of the Chinese Translation of the Buddhist Tripitaka(1883)は、「南条目録」として著名。その経歴は『懐旧録』(自叙伝)に詳しい。[北西 弘]
『『懐旧録』(平凡社・東洋文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の南条文雄の言及

【インド学】より

…また,セナールÉ.C.Sénart(1847‐1928),レビS.Lévi(1863‐1935),ド・ラ・バレ・プッサンL.de la Vallée Poussin(1869‐1937)らが仏教研究に果たした貢献も大きい。 日本においては,オックスフォード大学のミュラーに師事した南条文雄が,1885年東京大学において梵語学を開講し,近代的インド学,仏教学の端緒を開いた。1901年,東京大学に梵語学の講座が創設され,同じくミュラー門下の高楠順次郎が初代教授となり,その門下に逸材が輩出した。…

※「南条文雄」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

南条文雄の関連キーワード多田鼎住田智見大谷派大谷祖廟同朋新聞大須賀秀道斎藤唯信藤原猶雪安田力吉谷覚寿

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone