コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南京袋 ナンキンブクロ

3件 の用語解説(南京袋の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ナンキン‐ぶくろ【南京袋】

黄麻で織った袋。穀物などを入れる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ナンキンぶくろ【南京袋】

ジュート製の粗織りの袋。穀類などを詰める。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

南京袋
なんきんぶくろ

麻の太糸で厚手に織った薄褐色の袋で、米などの穀物や、コーヒー豆を入れるのに用いる。日本では、幕末から明治初期にかけて、南京米が輸入された際に、米袋として用いられていたところからこの名がある。その後、日本米にも、米俵にかわって広く用いられ、第二次世界大戦後は、一般に麻袋(またい)とよんでいる。その形状は、60センチメートル×100センチメートルの長方形、容量60キログラム(約米俵一俵分)のものが普通で、ほかに80キログラム~100キログラム入りの大形のものもみられる。しかし、近年は、紙袋にとってかわられ、米袋としては、あまり使われなくなりつつある。[宮本瑞夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の南京袋の言及

【ジュート】より

…茎から皮をはぎ乾燥した粗麻と,生茎を1~2週間水に漬けてから皮部の繊維だけをはぎ採り,天日に干した精麻とがある。繊維は他の麻類ほどじょうぶではないが廉価なので,大部分は麻袋(いわゆる南京袋)として農産物などの包装用にされる。また,リノリウムの地布や,じゅうたんの芯などにも利用される。…

※「南京袋」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

南京袋の関連キーワード黄麻懸け硯角を入れる紙入れガンニー朱筆を入れる朱を入れる刈入れ科袋番袋

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

南京袋の関連情報