コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南京赤絵 ナンキンあかえ

大辞林 第三版の解説

ナンキンあかえ【南京赤絵】

中国、清代初期に景徳鎮その他の民窯で輸出用に大量生産した赤絵磁器。皿・鉢・火入れなどが多い。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の南京赤絵の言及

【赤絵】より

…万暦年間(1573‐1619)には官能的で濃艶な赤絵が作られ,日本の茶人はこれを万暦赤絵と呼んで珍重した。また明末の天啓年間(1621‐27)から清初にかけて天啓赤絵,南京赤絵と呼ばれる粗雑な器皿,福建省あたりでは奔放な絵付の呉須赤絵が焼造されたが,これらも日本の茶人たちに愛好され,日本の赤絵の発展に大きな影響を与えた。清朝の成立とともに康熙・雍正・乾隆期には粉彩と呼ぶ精緻な五彩磁が作られ,よりいっそう絵画的な表現を展開していった。…

※「南京赤絵」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

南京赤絵の関連キーワード呉須赤絵犬山道平火入れ民窯錦手

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android