コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南北合意書 なんぼくごういしょ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

南北合意書
なんぼくごういしょ

南北「不可侵合意書」。韓国と北朝鮮の間に成立した,相互不可侵と協力関係をうたった合意書。正式には「南北間の和解と不可侵および交流・協力に関する合意書」という。 1991年 12月 13日の第5回南北首相会談で合意し,92年2月 19日の第6回会談で批准文書を交換して発行した。合意書では,南北の関係を国と国の関係ではなく,統一を志向する過程で形成される特殊な関係であると規定,相手方の体制を認め尊重すること,武器使用と武力侵略をしないこと,また資源の共同開発や経済交流,文化・芸術などの面での交流と協力,離散家族の自由往来をうたっている。さらに合意書の規定に従い,92年3月には政治,軍事,交流・協力の3つの分科委員会が発足し,5月には南北連絡事務所が設置された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

南北合意書の関連情報