コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南半球スーパー14ラグビー みなみはんきゅうすーぱー14らぐびー/みなみはんきゅうすーぱーふぉーてぃーんらぐびーSuper 14 Rugby

知恵蔵の解説

南半球スーパー14ラグビー

1996年に前身のスーパー10からリニューアルしてスタートした大会で、南半球3カ国(オーストラリア南アフリカニュージーランド)に属する14のクラブチームによる総当たりリーグ戦とリーグ戦上位4チームによる決勝トーナメント。2005年まで12チームによる大会だったが、06年から新たにオーストラリアと南アフリカの各1チームが加わり14チームとなった。スーパー14は発足以来、世界の最先端を行くラグビーゲームが見られる大会としての地位を築いてきた。各チームがオリジナリティーあふれる戦術を毎年試行・導入してくるため、エキサイティングで魅力的なラグビーが楽しめる。また1995年に行われた第3回ワールドカップ以降、ラグビー・オープン化の流れの中で生まれた大会でもあり、選手、監督はすべてプロ契約を交わしている。2007年の大会ではシャークスブルズという南アフリカチーム同士の決勝戦となり、ブルズが初優勝を果たした。

(中川昭 筑波大学(体育科学系)教授 / 2008年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について | 情報

南半球スーパー14ラグビーの関連キーワード[各個指定]工芸技術部門岩井俊二長田弘黒沢清小松左京辻邦生セビアン グローバー運転注意力モニタ MDAS飯島耕一トゥルニエ

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android