コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南太平洋海戦 みなみたいへいようかいせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

南太平洋海戦
みなみたいへいようかいせん

太平洋戦争中の 1942年 10月 25~26日,ガダルカナルおよびサンタクルーズ諸島の北方海上において,ガダルカナル島ヘンダーソン飛行場の攻防をめぐり,近藤信竹中将の率いる前進部隊と南雲忠一中将の率いる機動部隊が,W.ハルゼー中将指揮下の T.キンケード少将と G.マレイ少将の率いるアメリカ艦隊と戦った海戦。アメリカは航空母艦『ホーネット』,駆逐艦1隻,航空機 74機を失い,日本は艦艇喪失がなく,戦術的には日本の勝利であった。しかし日本は航空機 100機と熟練した搭乗員を失い,この海戦の勝利にもかかわらず,ガダルカナル島の奪還には成功せず,戦略的には敗れたといってよい。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

南太平洋海戦の関連キーワードガダルカナル島の戦い太平洋戦争史(年表)ガダルカナルの戦いトマス キンケードエンタープライズ角田 覚治軍艦小事典木村 昌福隼鷹瑞鶴翔鶴

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android