南方さび病(トウモロコシ)

飼料作物病害図鑑の解説

南方さび病(トウモロコシ)

九州で大きな被害が報告されているさび病。乳熟期を過ぎた頃から発生し始め、下葉よりむしろ上葉から病斑が現れることが多い。高温、高湿度の条件で多発し、葉全体が黄化、乾燥して、畑全体が黄色く見えることもある。夏胞子堆は黄〜オレンジ色、円形〜楕円形、長さ1〜3mm、幅0.5〜2mm程度で、やや楕円形の夏胞子を多数形成する。夏の終わりから秋にはさび胞子堆が褐色になり、冬胞子を形成する。

出典 畜産草地研究所飼料作物病害図鑑について 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android