コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南村五百助 みなみむら いおすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

南村五百助 みなみむら-いおすけ

獅子(しし)文六の小説自由学校」の主人公。
名門の息子で,巨大な体駆に大人物風貌をもつ。戦後家が没落すると,美貌で気丈な妻駒子に家をおいだされ拾い屋となる。密輸事件にまきこまれ警察に逮捕されるが,釈放され,独り暮らしから夫のよさを知った駒子とよりをもどす。小説は昭和25年「朝日新聞」に連載。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android