南桂子(読み)みなみ けいこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

南桂子 みなみ-けいこ

1911-2004 昭和-平成時代の版画家。
明治44年2月12日生まれ。版画家浜口陽三の妻。昭和28年フランスにわたり,フリートレンダーの版画研究所でまなぶ。34年から東京,シカゴ,ロンドンなど世界各地で個展をひらいた。少女,花,樹などをモチーフにメルヘンの世界を銅版画で表現。本の装画もおおい。平成16年12月1日死去。93歳。富山県出身。高岡高女卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

配偶者

夫婦の一方からみた他方。配偶者としての身分は、婚姻によって取得し、婚姻の解消によって失う。親族ではあるが、親等はない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

南桂子の関連情報