コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南水漫遊 なんすいまんゆう

世界大百科事典 第2版の解説

なんすいまんゆう【南水漫遊】

江戸後期の随筆。著者は浜松歌国で,浪華江南颯々亭南水主人と号したところからきた書名である。角書に〈古今参考〉とある。初編続編拾遺各5巻15冊より成る。内容は南水が在住した大坂の事跡について述べたもの。初編は道頓堀濫觴(らんしよう)に始まり,浄瑠璃,歌舞伎の実話,名物,地名のいわれ,墓碑,地歌曲の成立と由来など広範囲にわたっている。続編は歌舞伎,拾遺は人形浄瑠璃に関して,広く劇場内外のようす,作品,作者,演者,出来事などに及び,番付,地図,伝書,評判記,看板なども収載している。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

南水漫遊の関連キーワード竹本三郎兵衛小簾の戸

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android