南泉斬猫(読み)なんせんざんみょう

精選版 日本国語大辞典「南泉斬猫」の解説

なんせん‐ざんみょう ‥ザンメウ【南泉斬猫】

〘名〙 禅宗の公案の一つ。中国の唐時代の禅僧南泉普願に関する話。ある時、東堂西堂の両堂で猫の仏性の有無を争ったところ、南泉はその猫をとらえ、どのように会得したかを説くことができるなら斬らないが、できなければ斬るといって返答を求めたが、返答がなかったのでその猫を斬ったという故事。
※御伽草子・猫の草紙(江戸初)「猫のいはれやう、近頃神妙也。なんせんざんみゃうの心を思へば、きるるともいかで、かへん」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ケッペンの気候区分

ケッペンが1918年に考案した世界の気候区分法。植物分布に注目し、熱帯気候(符合A)・乾燥気候(B)・温帯気候(C)・冷帯気候(D)・寒帯気候(E)に区分した。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android