南洲宏海(読み)なんしゅう こうかい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

南洲宏海 なんしゅう-こうかい

?-1303 鎌倉時代の僧。
臨済(りんざい)宗。出家したのち宋(そう)(中国)にわたる。帰国後,鎌倉建長寺の兀庵普寧(ごったん-ふねい)に師事し,その法をつぐ。弘安(こうあん)4年鎌倉浄智寺の開山(かいさん)にまねかれたが師の普寧を推し,自分は準開山となった。嘉元(かげん)元年死去。諡号(しごう)は真応禅師。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

暑さ指数

湿度、気温、日差しの強さの3要素で暑さを表す指標。正式名称は湿球黒球温度(Wet-Bulb Globe Temperature)で、WBGTと略される。熱中症の危険度を判断する目安として国際的に用いら...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android