コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南洲宏海 なんしゅう こうかい

1件 の用語解説(南洲宏海の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

南洲宏海 なんしゅう-こうかい

?-1303 鎌倉時代の僧。
臨済(りんざい)宗。出家したのち宋(そう)(中国)にわたる。帰国後,鎌倉建長寺兀庵普寧(ごったん-ふねい)に師事し,その法をつぐ。弘安(こうあん)4年鎌倉浄智寺の開山(かいさん)にまねかれたが師の普寧を推し,自分は準開山となった。嘉元(かげん)元年死去。諡号(しごう)は真応禅師。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

南洲宏海の関連キーワードボニファチウスボニファティウス嘉元スマトラ沖大地震インド洋大津波嘉元乾元忍性ローマ大学マライタ島

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone